ユメノヒ 横浜・川崎・東京で自然素材リノベーション・リフォーム・注文住宅を行う夢工房スタッフが綴る家と暮らしのWEBマガジン

横浜・川崎・東京で
自然素材リノベーション・リフォーム・注文住宅を行う
夢工房スタッフが綴る家と暮らしのWEBマガジン

横浜市都筑区マンションリノベーション・リフォーム現場レポ① フルスケルトンから躯体現しの天井仕上げ*

施工現場レポ「横浜市都筑区マンションリノベーション・リフォーム現場レポ① フルスケルトンから躯体現しの天井仕上げ*」

こんにちは、ももです。
本日は、私が設計を担当させていただいております横浜市都筑区大丸T様邸の現場レポートです!
マンションのスケルトン解体から木工事まで進んでいく様子をぜひご覧くださいませ。

こだわりポイントその① *マンションをフルスケルトンにしてからリノベーション・リフォーム*

横浜市都筑区マンションリノベーション・リフォーム現場レポ① フルスケルトンから躯体現しの天井仕上げ*写真2

T様邸では主要室をフルスケルトンにしてからの工事となりました。
壁、床、天井を解体してからのスタートです。
T様邸では既存床が置床でしたのでそれを生かす方向で計画しておりましたが、
解体してみると、置床の脚がグラグラ・・・固定されていなかったということが判明。
急遽、置床を固定するところからの作業となりました。

通常リノベーションでは既存図面や現場状況から工事内容を決めていくのですが、
今回のように、見えていない所は解体してみないとわからないことが多々あります。
お家によって状況は様々なので、こういったハプニングも、お家の性格やリフォーム・リノベーションでどう解決するかといったところで楽しんでいただければなと思います^^

以前にスケルトンリフォームについて記事を書かせていただきましたので、
ご興味のある方はぜひご一読くださいませ^^

(記事:「スケルトンリフォームのメリットは間取り変更だけじゃない!フルリノベーション・フルリフォームの魅力とは!?」

こだわりポイントその② *躯体現しの天井仕上げ*

横浜市都筑区マンションリノベーション・リフォーム現場レポ① フルスケルトンから躯体現しの天井仕上げ*写真3

間取り変更、リノベーションに伴い、
「天井を高くしたい」「ダウンライトにしたい」
といったご要望を大変沢山いただきます。
今回、T様はLDKの天井高さを確保するため、コンクリートの躯体を現しにしたかっこいいリノベを選択されました!

検討する際には、以下の様なことを確認しました。

躯体現しの天井にする際の確認ポイント

1.既存天井は躯体?それとも?

まずは、高くされたい天井の既存状況を確認する必要がございます。
マンションの場合、天井をトントンと叩いてみて音が響かない・詰まった音がする場合は躯体直天井の可能性がございます。

●躯体直天井とは・・・
RCスラブ・コンクリートの天井にそのままクロス(仕上げ材)が施されている天井のこと。
躯体直天井の場合は既存より高くすることはできませんので要確認です。
中に何か空洞があるような軽い音がすると、天井と躯体の間に少し空間があるということです!
これを「二重天井」、「ふかし天井」などと呼んだりしています。

その場合は、天井を上げられる可能性がございますのでぜひご相談ください。
しかし、配管や照明本体の高さを確保するための空間だったりすることがほとんどなので、
どの程度上がるかどうかは、天井の懐を確認させていただいてからのご提案となります!

2.照明はどうするか

既存天井が躯体直天井の場合、照明が埋め込まれているため、天井をふかさない限り、照明の位置は変えられません。
逆に、元々の天井が二重天井の場合は、照明の位置変更はほぼ自由と思っていただいて問題ございません!

天井高をどうするかと一緒に、照明計画も検討する必要もございます。ぜひ、ご相談くださいませ!

その中で、、、、、
「天井をふかすのはもったいない」
「LDKだけでも天井は高くしたい」、
でも「照明の位置も自由に計画したい」

と、どちらの願いも叶えることのできる方法が、躯体現し仕上げなのです。
どのような仕上がりになるかは、続きの工事レポ②をお楽しみに^^

3.コンクリート躯体の状況はどうか

横浜市都筑区マンションリノベーション・リフォーム現場レポ① フルスケルトンから躯体現しの天井仕上げ*写真4

T様邸では、直天井だと判明し、躯体現しをご希望でしたので既存のクロスを剥がす作業からの解体となりました!
クロスを貼った時のノリ等で剥がすのが大変な時もあるのですが、T様邸では奇跡的にスルスルと剥がれてくれました^^
上の写真のように水を付けながら剥がしていきます!
元々間仕切があった場所や、埋込配線の出どころ等の跡は残りますが、
それもまたリノベの味として楽しんでいただけることになりました。とても嬉しかったです・・・。

こだわりポイントその③ *配管の現し*

配管は隠す。という考えが一般的かもしれませんが、
T様はこの度、天井現しの雰囲気を考えながらコストと意匠性のバランスを踏まえて、思い切って配管も現しにすることになりました。
この度現しにしたのは、レンジフードの配管です^^

Before

横浜市都筑区マンションリノベーション・リフォーム現場レポ① フルスケルトンから躯体現しの天井仕上げ*写真5

こちらは、元々あったレンジフードの配管。
梁の中に納まっていたので、防火のため、耐火材が巻かれて太っている状態です。

After

横浜市都筑区マンションリノベーション・リフォーム現場レポ① フルスケルトンから躯体現しの天井仕上げ*写真6

こんなにもスリムに交換することができます。
印象がガラッと変わりますね^^

T様邸工事レポ①の解体編はここまで!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
次回は木工事の様子をお届け致しますね~~
お楽しみに♪

もも

【関連記事】

スケルトンリフォームのメリットは間取り変更だけじゃない!フルリノベーション・フルリフォームの魅力とは!?
マンションのリフォーム・リノベーション施工事例一覧

【 記事のキーワード 】

他の記事も見てみる