ユメノヒ

横浜・川崎・東京で
自然素材リノベーション・リフォーム・注文住宅を行う
夢工房スタッフが綴るブログWEBマガジン

リフォーム・リノベーションの費用はどのくらいかかる?4つの内訳と予算を抑えるポイント!

リノベーションコラム「リフォーム・リノベーションの費用はどのくらいかかる?4つの内訳と予算を抑えるポイント!」

こんにちは。
ちょっと久々に登場いたしました、すみです!
夢工房の新ショールームに家具がどんどん仲間入りしてまして
毎日わくわくが止まりません!

本日はお住まいのリノベーションをスタートするにあたって重要になってくる費用・ご予算のお話をしたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します!

リフォーム・リノベーション工事にかかる費用は大きく分けて4つ

リフォーム・リノベーションにはどんな費用がかかる?4つの内訳と予算を抑える方法!写真①

> このお部屋の事例をもっと詳しく見る

ご希望の工事内容やリフォーム・リノベーション会社を検討する際、
まず考えるのがリフォーム・リノベーションにかける費用・ご予算のこと。

極力費用を抑えつつも、こだわりの詰まった快適な住まいにしたいと思われるのが当然かと思います。

戸建て・マンションの違いや、設備のグレード、建物の築年数等によっても変わってきますので
一概にいくらで出来るとは申し上げられませんが、
フルリノベーションの場合、1,000万円を超えることもございます。
それだけ大きなお買い物で、一生に何度もする機会があるわけではないのがリノベーションです。

後悔せずに快適なお住まいづくりができるよう、
まず「どのような費用がかかるのか?」ということを大まかに4つに分けてご説明させていただきたいと思います。

  • リフォーム・リノベーション費用の内訳① 仮設費・解体費

    リフォーム・リノベーションにはどんな費用がかかる?4つの内訳と予算を抑える方法!写真②

    まずはじめに「仮設費用」「解体費用」についてです。

    「仮設費用」・・・既存部分の養生費用、資材をお部屋まで運搬する費用、完成後のクリーニング費用 etc
    例えば「リビングのフローリング張替えと壁の珪藻土塗りをする」という場合。
    基本的にフローリング張替えの方が先に工事をしますので、その後の珪藻土塗りの際、床材を傷つけることがないように丁寧に養生をさせていただいております。

    また資材の運搬費用としましてはマンションの場合、
    「エレベーターの有無」、「階数」が重要になってきます。

    大きな資材を運ぶ場合、上階にお住まいでエレベーターがないようなマンションでの工事ですと、多少割高になります。
    そしてリフォーム・リノベーション完成後には工事中の粉塵や埃などをきれいにするため、クリーニングに入らせていただきます。
    これもお部屋の広さによって、金額が変わってまいります。

    「解体費用」・・・壁、フローリング、設備などを解体するための費用、解体した材etcを搬出・廃棄するための費用
    使えるところは活かして、リノベーションをされたいという方が最近は非常に多いように感じます。
    (わたしは物持ちがいいほうなので、その考え方は個人的にとても共感します。。。!)
    既存を活かす部分が多ければ、その分こちらの解体費用は抑えることができます。
    (お風呂やキッチンなど排水・ダクトが関係する工事で見えない部分が老朽化している、というケースもありますので、その場合は活かせる・活かせないをご提案いたします!)

  • リフォーム・リノベーション費用の内訳② 商品・材料費

    リフォーム・リノベーションにはどんな費用がかかる?4つの内訳と予算を抑える方法!写真③

    > このお部屋の事例をもっと詳しく見る

    次に商品や材料の費用です。
    こちらはリフォーム・リノベーション費用の中で大きな割合を占めており、比較的イメージしやすい項目だと思います!

    キッチン・UB・トイレなどの水廻り設備の商品や、
    フローリング、珪藻土、クロスなどの内装関係の費用、
    またクローゼット内部の枕棚、可動棚や照明器具など、細かなところまで夢工房ではご提案させていただいております。

    特に床のフローリングやフロアタイル、壁、天井の塗装やクロスなどは、住まいの中でも大きな面積になりますので大切な部分かと思います。

    例えば珪藻土を使いたいけれど、費用が。。。という方は、リビング・寝室のみにするとか、
    収納内部の見えない部分はクロスにするなど費用を抑える工夫はたくさんございます!

    また最近のすみのおすすめは。。。建具を減らすこと!です!

    各部屋の入口にある扉やクローゼットの扉。
    フルリフォームの場合すべて交換となりますと、数が多い分なかなか費用がかかってきてしまいます。

    そんなときには、一部をロールスクリーンにしたり、上の施工事例(のウォークインクローゼットの入口)のように、アーチ開口や枠のみ(無目枠:むめわく)にすることはいかがでしょうか?

    リフォーム・リノベーションにはどんな費用がかかる?4つの内訳と予算を抑える方法!写真④

    壁や建具できっちりと仕切るよりも、やんわりと空間を仕切ってくれますし、
    お部屋どうしの風通しをよくしたり、アクセントにもなりますよ!

  • リフォーム・リノベーション費用の内訳③ 職人さんの工賃

    リフォーム・リノベーションにはどんな費用がかかる?4つの内訳と予算を抑える方法!写真⑤

    リフォーム・リノベーション工事は本当に多くの職人さんの手仕事によって成り立っています。
    工事内容によって作業をする職人さんが変わります。

    壁を作ったりフローリングを張ってくれる大工さん、
    キッチンタイルや土間タイルを張ってくれるタイル職人さん、
    珪藻土や漆喰を塗ってくれる左官職人さん、
    無垢の棚・玄関の上がり框(かまち)・外壁などの塗装をしてくれる塗装職人さん、
    電気配線やスイッチ・コンセント・照明などの取り付けをしてくれる電気職人さん etc

    本当にたくさんの職人さんと一緒にお住まいづくりをさせていただいております。
    面積が多く施工にかかる工程が多ければ、その分職人さんの人数や時間もかかってきますので、その分費用もUPしてまいります。

    最近の現場でのすみ感動ポイントをご紹介いたします。
    ※上記のフローリングを張っている写真をご覧くださいませ。

    こちら無垢のナラ材(オーク)なのですが、無垢フローリングは呼吸をしております。
    湿気を含んでフローリングが膨らむことを想定し、あらかじめ緑色の「スペーサー」と呼ばれる名刺程度の厚みの道具を挟みながらフローリング張りをしております。

    ん~これはかなりのひと手間。
    いやサン手間くらいでしょうか。
    このような手間を惜しまずに丁寧に進めてくださる職人さんたちに感謝です。

  • リフォーム・リノベーション費用の内訳④ 諸経費

    最後にリフォーム・リノベーション工事にかかる諸経費・現場管理費です。
    諸経費とはプロジェクトに関わるスタッフの人件費やデザイン費、通信費、また現場にお伺いさせていてく交通費や駐車場代などのことを指します。
    現場管理費とは設計通り&お客様のご要望通りに進んでいるか工事進行の監督をする現場監督の人件費となります。

予算や理想からアイデアを考えるのもリノベーションの醍醐味!

リフォーム・リノベーションにはどんな費用がかかる?4つの内訳と予算を抑える方法!写真⑥

いかがでしたでしょうか。
リフォーム・リノベーション工事では内容にもよりますが、本当に多くの工程・費用がかかってきます。

まずは「これだけは外せない!」というこだわりポイントや優先順位を明確にすること。
工夫次第で費用を抑えつつ希望を叶えることも可能でございます。

社内でもよく設計士やリノベーションプランナー、施工管理の間で
「もっとこうしたら〇〇様の要望が叶うのではないか」「ここを減らして、ここに費用を使ったらどうか」など
費用感とご要望との兼ね合いを工夫する声が飛び交っております。
そんな時間がたまらなくわくわくするのです。

それをお客様にお伝えして「そんな解決の仕方があったんですねー!」と喜んでいただけると、やっぱりとっても嬉しいものです!

キレイにかっこよくするだけならそんな必要もないのかもしれませんが、夢工房では「ここのコストで、あの場所をもっとよくできたのでは?」なんて、もやもやした想いをしていただきたくありません!

お客様のイメージに一歩近づいて、また考えて、近づいて、、、。
高ければよいものができるでもなく、もちろん安ければいいでもなく、本当に大事なのは「適正価格」を見つけることではないでしょうか!
理想の住まいを一緒にわくわくしながら、考えて、つくっていきましょう!

費用のこと、プランのこと、ぜひお気軽に無料相談会に足をお運びいただけたらと思います。
素敵な出会いを楽しみにお待ち申し上げております!

【リフォーム・リノベーションにかかる費用について】

●「費用のハナシ」を見る

【 記事のキーワード 】

他の記事も見てみる