ユメノヒ

横浜・川崎・東京で
自然素材リノベーション・リフォーム・注文住宅を行う
夢工房スタッフが綴るブログWEBマガジン

リノベーション現場レポ:川崎市宮前区 戸建リフォーム① 工事が始まりましたー!

リノベ施工現場レポ「リノベーション現場レポ:川崎市宮前区 戸建リフォーム① 工事が始まりましたー!」

こんばんは。
リノベーションアドバイザーのるみです。

12月から、私も参加している現場が始まりましたっ!
「T 様邸」 と、呼ばせて頂きますね♪

戸建てのフルリノベーション!解体工事するとこうなります。

リフォーム・リノベーションが始まると、まずは「解体工事」と呼ばれる、新しくしたい箇所を壊していく作業から始まります。

T様邸では、床の貼替や、水廻りの交換、耐震補強(地震が多いので、不安ですよね。。)など、フルリフォームとなります!

床をはがし、畳を撤去し、壁を壊し、などなど。

私が入社したばかりの頃、解体工事の現場で、職人さんがせっせと作業をしている姿を見て、「カッコいい!!」という印象を受けました。

今もまだまだ、新しい発見がたくさんです。

新人だからこそ、お客様と近い感覚で見ることができる気がしております。

お客様にとっても、床の下や壁の内側など、普段見れるところじゃないですもんね!

ご自宅の内側を、ご興味深々でご覧になるお客様が多くいらっしゃいますので、少しだけ紹介します!

① 戸建てを支える基礎

1F-和室(押入壁)の基礎

↑こちらの写真(1F 和室)は、基礎(家を支える、コンクリートの土台)の写真です。

オレンジで囲われている部分は、耐震のため、新たに大工さんが作ってくださったのです!
端的に言うと、もともとある柱の下に、耐震補強のため、土台を差し込む、というすごい技。です。(文章で説明が難しい・・・)

② キッチン・壁の内側

1F キッチン壁の内側

↑こちらの写真はキッチン・壁の内側、古いキッチンを撤去した後の写真です。
よく見ると上部に換気扇の排気孔がありますね。

すっかり様子が変わっていますが、ここからまた新たな“お住まいの顔”が出来上がると思うと、楽しみです!

リノベーションのテーマは“古民家風”。

2F 洋室と和室を一部屋に

2Fの洋室と和室を一部屋に。壁を壊してみると、自然光が入り、とっても明るいお部屋になりそうです♪

和室の柱を残しつつ、壁は壁紙・床はフローリングになるので、古民家風の素敵なお部屋に進化します!
お楽しみに!

【関連記事】

次の記事:リノベーション現場レポ:川崎市宮前区 戸建リフォーム② 木工事完了迫る!

「戸建てリフォーム・リノベーション施工事例一覧」
「川崎市のリフォーム・リノベーション施工事例一覧」

【 記事のキーワード 】

他の記事も見てみる