ユメノヒ 横浜・川崎・東京で自然素材リノベーション・リフォーム・注文住宅を行う夢工房スタッフが綴る家と暮らしのWEBマガジン

横浜・川崎・東京で
自然素材リノベーション・リフォーム・注文住宅を行う
夢工房スタッフが綴る家と暮らしのWEBマガジン

ショールーム訪問レポ!注目のキッチン「GRAFTEKT(グラフテクト)」横浜・本牧テラスショールームへ行ってきました

素敵な店・街・場所「ショールーム訪問レポ!注目のキッチン「GRAFTEKT(グラフテクト)」横浜・本牧テラスショールームへ行ってきました」

こんにちは。リノベーションプランナーの遠藤です。

今回は、先日お邪魔したキッチンブランド「GRAFTEKT(グラフテクト)」の横浜・本牧ショールームについてご紹介させていただきます。
「お家の顔」とも言えるキッチン。どんなデザインのものを選ぶかはとても大事ですよね。
デザインだけでなく、機能性、使いやすさ、コスト…すべて妥協はしたくない。
そんな方におすすめのキッチンの一つではないでしょうか。

GRAFTEKTは、オーダーキッチンブランド「kitchenhouse(キッチンハウス)」の姉妹ブランドで、レイアウトの種類や価格設定が分かりやすく(わずかツープライス!)、さまざまな住まいに合わせやすいのが特徴的なキッチンです。
スッキリしたデザイン性・機能的なキッチンをお求めやすくお届けしてくれます。

今回訪問したのは、みなとみらい線「元町・中華街」駅からバス徒歩15分の場所にあります横浜・本牧テラスショールーム。

ショールーム訪問レポ!注目のキッチン「GRAFTEKT(グラフテクト)」横浜・本牧テラスショールームへ行ってきました 写真1

1Fはkitchenhouse、2FがGRAFTEKTのブースとなっています。

キッチンが家具のように。無駄を削ぎ落としたシンプルなデザイン

ショールーム訪問レポ!注目のキッチン「GRAFTEKT(グラフテクト)」横浜・本牧テラスショールームへ行ってきました 写真2

木目調“ブラウン”色のキッチン。カップボードは下台だけが“ベトングレー”でスタイリッシュにコーディネートされた展示。ポポラート型。

GRAFTEKTキッチンのコンセプトは「家具のような佇まいのキッチン」。
キッチンが家具のようにお部屋に溶け込みやすく、キッチンカウンターとダイニングテーブルが一体となったような形で、生活感・圧迫感を感じさせないデザインになっています。
継ぎ目がなく、土台からカウンターまで材質がすべて統一されているというのも特徴的です。
その他の国内メーカーのシステムキッチンにはなかなかないデザインで、今までのキッチンとは違った新鮮な印象です。

カラーバリエーションも豊富。お部屋のイメージに合わせたコーディネート

カラーバリエーションも豊富で、お部屋の雰囲気に合わせてコーディネートができます。
中でも人気が高いのは、メルクリオとべトングレーのインダストリアルな2色だそう。

ショールーム訪問レポ!注目のキッチン「GRAFTEKT(グラフテクト)」横浜・本牧テラスショールームへ行ってきました 写真3

“メルクリオ”דアッシュベージュ”の2トーンカラーで洗練された雰囲気に。デュエ型(Ⅱ型)。

私もこれまでのリノベーションで、2種のキッチンを実際に採用させていただきましたが、とてもかっこ良くて空間がグッと引き締まりました。
メルクリオはシックですが、オークなどのフローリングとも相性が良く、様々なテイストのお住まいに合わせられそうです。

より硬質な印象のべトングレーは、例えば「キッチンをモルタル調にしたいけれど、コスト的に厳しい…」という方に是非おすすめしたいです。
インダストリアルなインテリアにも、スタイリッシュでモダンなお住まいにも合うデザインです。

ショールーム訪問レポ!注目のキッチン「GRAFTEKT(グラフテクト)」横浜・本牧テラスショールームへ行ってきました 写真4

“べトングレー”のキッチン。モダンで高級感ある佇まい。ペニンシュラ型。

木のぬくもりあるテイストがお好きな方向けにはナチュラル色も用意されていますので、明るくほっこりする空間をお作りいただけます。

下の写真のようにバックセットも合わせると統一感が出てお部屋の印象がすっきりまとまって見えますね。

ショールーム訪問レポ!注目のキッチン「GRAFTEKT(グラフテクト)」横浜・本牧テラスショールームへ行ってきました 写真5

“ナチュラル”のキッチン。北欧インテリアにも合いそうです。カウンターペニンシュラ型。黒い椅子やペンダントライトがアクセントになっていて素敵でした。

キッチン選びで大事な「お手入れのしやすさ」や「機能性」は?

続いて気になるお手入れのしやすさや機能性について見ていきます。

キズがつきにくい・汚れが付きにくい高機能な素材

GRAFTEKTキッチンの面材・ワークトップに使われているのは高機能メラミン素材だそうで、傷や汚れに強く、耐熱性も高いとのこと。
長時間放っておいてしまったような汚れも拭き掃除で簡単に落とすことが出来る仕様になっているそうで、キレイさを保ちやすいのは、毎日の家事にとても助かりますね。

ショールーム訪問レポ!注目のキッチン「GRAFTEKT(グラフテクト)」横浜・本牧テラスショールームへ行ってきました 写真6

表面にはエンボス加工が施されているので、傷がついても目立ちにくいです。

ショールーム訪問レポ!注目のキッチン「GRAFTEKT(グラフテクト)」横浜・本牧テラスショールームへ行ってきました 写真7

シンクとワークトップのつなぎ目が滑らかで汚れがたまりにくいです。

機器類はお好みに合わせて選択可能。おススメはMiele(ミーレ)の食洗器!

食洗器、レンジフード、コンロ、水栓はそれぞれいくつか種類があり、お好みのものをお選びいただけます。

食洗器でおすすめしたいのはやっぱり「Miele(ミーレ)」。
フロントオープンで大容量なので一度に沢山の食器を洗うことが出来、日々の家事の負担が減らせます。

Mieleというと高価なイメージがあるかと思うのですが(実際高いのですが…)、GRAFTEKTキッチンの場合は比較的リーズナブルな価格帯で導入いただけるので、気になっている方は検討してみてはいかがでしょうか。

ショールーム訪問レポ!注目のキッチン「GRAFTEKT(グラフテクト)」横浜・本牧テラスショールームへ行ってきました 写真8

見た目もかっこ良いMiele、さすがです。

水栓で最近人気が高いのはグースネックタイプ。
オープンキッチンにする際は、水栓のデザインひとつでお部屋の印象も変わってきます。グースネックの水栓にすると、空間がぐっとお洒落になります。

ショールーム訪問レポ!注目のキッチン「GRAFTEKT(グラフテクト)」横浜・本牧テラスショールームへ行ってきました 写真9

横から見たグースネック水栓の展示。グローエ製。綺麗なフォルムですね~。

夢工房で実際にGRAFTEKTキッチンを使ったリノベーションの実例紹介

ショールーム訪問レポ!注目のキッチン「GRAFTEKT(グラフテクト)」横浜・本牧テラスショールームへ行ってきました 写真10

実際にGRAFTEKTキッチンを使ったお施主様のリノベーション住まいを、以前の記事で工事レポートにまとめています。
築25年の中古マンションの一室がシンプルかつスタイリッシュな装いに生まれ変わりました。
「このキッチンを使うとこんなお部屋になるんだ」というひとつの参考にしていただけましたら幸いです。
リノベ前・リノベ後を「Before → After」の形式でまとめていますので、キッチンに限らず、お部屋全体を通してリノベーションでどんな風に空間が変化していくのか、すっと感じていただけるのではないでしょうか。

>工事レポ記事をもっと詳しく見る

ショールームでお家づくりの魅力に触れてみてはいかがでしょうか

ショールーム訪問レポ!注目のキッチン「GRAFTEKT(グラフテクト)」横浜・本牧テラスショールームへ行ってきました 写真12

数あるキッチンメーカー、どれも素敵なのでとても迷うことと思います。

まずは気に入っているキッチンの公式WEBサイトやWEBカタログなどを見てみてはいかがでしょうか。
そこで確かめたいことがあれば、実際にショールームを訪れて、見て、触れて、お好みのキッチンを探してみてください。

GRAFTEKTのショールームは東京・神奈川圏ですと今回お邪魔させていただいた本牧ショールームの他、新宿・立川にもございますので、お近くにお住まいの方は是非ご見学してみてはいかがでしょうか。

素敵な出会いがきっとあることと思います…!
お読みいただいてありがとうございました。

■ GRAFTEKT 横浜・本牧 テラスショールーム
住所:神奈川県横浜市中区本牧原1-4 ムラーラ本牧 1・2F キッチンハウス本牧 テラスショールーム内 2F
アクセス:みなとみらい線「元町・中華街」駅よりバスで15分。横浜市営バス「本牧宮原」下車徒歩2分。
営業時間:10:00 – 18:00
定休日:水曜日(祝祭日営業)
※訪問日:2020年7月26日

【関連記事】

■ リフォーム・リノベーションのビフォーアフター実例比較!改修ポイント解説します*横浜市港北区マンション工事レポ
■ ショールーム訪問レポ!「ウッドワンプラザ横浜」がリニューアルオープン!
■ ショールーム訪問レポ!インテリアブランド「ROOM ESSENCE」展示会!@品川
■ ショールーム訪問レポ!家の断熱性能・省エネを体験できるLIXILショールーム「住まいStudio」に行ってきました!

【 記事のキーワード 】

他の記事も見てみる