住まいづくりのすすめ方

住まいづくりのすすめ方Reform

「自然と暮らす、やさしい住まい」

プランの力Our Plan

真心こめてご提案

突飛なデザイン
奇をてらった間取り
そういったものではなく、
等身大の暮らしやすさを
真心こめてご提案。

理由

「夢工房デザイン」は
持たない理由

「デザイン」は違えど、
「どの事例も自然素材のぬくもり」・「暮らしの工夫」を表現するのが夢工房流。

大事な住まいづくりのパートナーを選ばれる際、リノベーション会社や新築・工務店、ハウスメーカーなど、複数の会社を比較検討されるお客様がほとんどです。御見積金額や会社の規模、事務所の近さなど、ご検討要素は様々。そんななか夢工房をお選び頂く理由として頂くのが、「提案を気に入ったから」というご意見です。
本当に心地よいデザイン、暮らしやすい間取り。私たちが心がけているそれらのことは、お客様との時間をかけた打ち合わせと、「ご家族にとって最高の居場所を作りたい」という私たちスタッフの想いから生まれています。
そのためいわゆる「夢工房デザイン」は持たず、定額制のパッケージプランも作っていません。各ご家族にとって、一番いい提案をその都度丁寧にお届けしています。

打ち合わせ

提案シートで、
「想像できる」打ち合わせを

子育て世代の奥様に玄関からそのままキッチンに行ける動線をプランニング

形のない物を一から作るからこそ、視覚的にイメージ作りをして頂きます。

「ご要望をなんでもお話し下さい」。それは、実はお客様にとってとても難しい事です。「こんな暮らしがしたい」と漠然としたイメージはあっても、それが言葉に出来なかったり、上手く伝わらなかったり・・。夢の住まいをつくっているはずが、打ち合わせは疲れるばかりで楽しくない。それはとても悲しいことです。
だからこそ夢工房では、お客様の漠然としたご要望をお伺いした後、視覚的に暮らしをイメージして頂ける様手書きのパース等を用いてご提案をしています。見た目だけではなく、「この収納にはこんなものをしまえる」「この動線はこういった時に役立つ」等、プランの持つ意味をしっかりお伝えすることで、「ここにはあれもしまえるのかしら」「そうそう、この動線は欲しかった」と、お客様からさらに具体的なご要望をお聞かせいただいています。「要望がまとまっていなくて大丈夫かしら・・」と心配される方もいらっしゃいますが、会話のひとつひとつから夢の住まいを見つけていきましょう。

「会話」から生まれた、暮らし設計

東京都町田市 S様

プラン例[1]

小上がりの畳スペース
趣味である楽器をすっきり収納

以前はリビングに乱雑に置いていました。
特等席が出来て楽器たちもよろこんでいます。
東京都国立市 K様

プラン例[2]

ダイニング脇に1.5畳のミニサンルーム
時間を気にせずお洗濯

日中は仕事をしているため、夜に家事をしています。
夜洗濯を干したまま外出ができるので大助かりです。
神奈川県横浜市港北区 B様

プラン例[3]

家族が集まる場所だから…
LDKにファミリークローゼット

日用品をたっぷり入れて、家族みんなが使えて便利。
カーテンで仕切っているので出入りもラクラクです。
東京都大田区 Y様

プラン例[4]

コの字型の新築レストラン
中庭のシンボルツリーが話題のあるお店に

Petit Restourant Mami欧風レストランこの事例を見る
食事の後は皆さま
シンボルツリーの前で
記念撮影されていますよ
夢工房スタッフが送る、住まいにまつわるWEBマガジン「ユメノヒ」