ユメノヒ 横浜・川崎・東京で自然素材リノベーション・リフォーム・注文住宅を行う夢工房スタッフが綴る家と暮らしのWEBマガジン

横浜・川崎・東京の自然素材リノベーション・リフォーム・注文住宅
夢工房スタッフが綴る家と暮らしのWEBマガジン

部屋が寒い原因は「窓」にあり!冬のあったか“窓”リフォームでおうち時間を何倍も快適にする方法

リノベーションコラム「部屋が寒い原因は「窓」にあり!冬のあったか“窓”リフォームでおうち時間を何倍も快適にする方法」

こんにちは。お久しぶりです! 施工管理の早坂です。
今回は「お家の寒さ・冷え対策」と「窓リフォーム」について書いていきたいと思います。

突然ですが、皆様のお家の窓は冬場に結露を起こしますでしょうか?
結露が発生するとサッシのカビの原因になってしまったり、カーテンが汚れてしまったりと大変ですよね。
結露は窓本体の温度とお部屋の気温の差が激しいときに発生する現象で、
結露が発生しているときは、窓が外気によって冷やされている証拠でもあるんです。

結露が発生している窓だと、暖房をつけていても、窓際はどうしても寒いままということもあると思います。

お家の寒さ対策のポイントは「窓」がとても重要なポイントなんです。
今回はリフォーム・リノベーションの際に考えておきたい、窓断熱工事の種類とそれぞれの特徴についてご紹介したいと思います。

足元が冷える。暖房が効かない。熱が逃げる割合の第一位が「窓」

部屋が寒い原因は「窓」にあり!冬のあったか“窓”リフォームでおうち時間を何倍も快適にする方法 写真1

建物の中で、雨や外気から守ってくれている建材は数多くありますが、その中でも窓は一番に薄い部分となります。
冬場に窓際が特に寒くなりがちなことからも窓での熱の出入りが大きいという事は、何となく想像がつくかと思います。

実際に建物の中で、熱が逃げる割合の第一位が「窓」で、全体の50%以上を占めていると言われています。(夏の暑さは70%以上!)
熱が逃げてしまう割合では、屋根や床が5~8%、外壁が15%程と言われているので、いかに窓から熱が逃げているかが分かります。

そのため、お家の中が寒いと感じる場合、断熱工事では窓がとても重要なんです。

部屋が寒い原因は「窓」にあり!冬のあったか“窓”リフォームでおうち時間を何倍も快適にする方法 写真2

※出典:一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会

部屋で感じる冬の寒さの6割(夏の暑さは7割)が窓が原因ということなので、冷暖房の光熱費もそれだけ無駄になってしまっていることになります。
では、実際に窓リフォームをするとなった場合、どのような工事があるのでしょうか。

窓リフォームの方法① 内窓サッシ(二重窓)の後付け

部屋が寒い原因は「窓」にあり!冬のあったか“窓”リフォームでおうち時間を何倍も快適にする方法 写真3

既存の窓はそのまま活かした状態で、お部屋側の窓枠に新しくサッシを取り付ける工事になります。
解体や撤去などの工事は不要で、工期も短く設定することができます。
サイズも既存窓枠に合わせたサイズにオーダーする形になりますのでほとんどの窓に取り付けることが可能です。

【メリット】
・既存窓の解体や加工が基本的に必要ない
・工期が短い
・室内側のサッシ枠の色を変更できる
【デメリット】
・室内側に新しいサッシをもう一ついれることになるので室内側の空間が圧迫される
・ひとつひとつオーダーのため製品価格が高い
    DATA
  • 【断熱性能】★★★★★
  • 【工事費用】1か所 約4万円~8万円

窓リフォームの方法② サッシカバー工法によるサッシ交換

部屋が寒い原因は「窓」にあり!冬のあったか“窓”リフォームでおうち時間を何倍も快適にする方法 写真4

この工法では既存のサッシの障子部分は撤去します。
新しいサッシ枠を既存のサッシ枠にかぶせるように施工することからカバー工法と呼ばれています。
カバー工法では、既存の外壁や防水層を壊すことなく新しいサッシを入れることが可能です。
また、障子や鍵も新しい物に交換するため気密性を上げることも期待できます。

【メリット】
・外壁や防水層を壊すことなく新しいサッシに交換できる
・工期が短い
・室内側のサッシ枠の色を変更できる
【デメリット】
・もとのサッシの枠の上から新しく枠を被せるので、その分開口が一回り小さくなってしまいます。
・オーダー品になるため製品単体の価格が高い
    DATA
  • 【断熱性能】★★★★
  • 【工事費用】1か所 約6万円~15万円

窓リフォームの方法③ 窓ガラスのみの交換(複層ガラスへの交換)

部屋が寒い原因は「窓」にあり!冬のあったか“窓”リフォームでおうち時間を何倍も快適にする方法 写真5

最近では、ガラスを2枚重ねているペアガラスや3枚重ねているトリプルガラス、遮熱性能を高めたLow-E複層ガラスと呼ばれる建材が流通しています。
これらのガラスは熱や音を外に逃がさない工夫が施されており、断熱にも大きな力を発揮します。

この工法では、既存サッシ額縁部分は既存の物を使い、ガラス部分のみを新しいガラスに交換するという工事になります。

【メリット】
・既存サッシを使ったまま断熱性能を高めることができる
・工期が短い
・室内側のサッシ枠の色を変更できる
【デメリット】
・サッシ自体の気密性を上げることは難しく隙間風対策にはならない
    DATA
  • 【断熱性能】★★★
  • 【工事費用】1か所 約2万円~8万円

窓リフォームの方法④ 断熱フィルムの施工

部屋が寒い原因は「窓」にあり!冬のあったか“窓”リフォームでおうち時間を何倍も快適にする方法 写真6

こちらの工事は既存窓に対して、遮熱効果を持ったフィルムを貼る工事になります。
他のどの工事よりも安価に簡単に窓の断熱性能を高めることができます。

【メリット】
・施工が容易でセルフでも行うことが可能
・価格が安い
【デメリット】
・サッシ自体の気密性を上げることは難しく隙間風対策にはならない
・凹凸のあるガラスには施工することができない
    DATA
  • 【断熱性能】★★
  • 【工事費用】1か所 約1万円~3万円

窓リフォームの方法⑤ 外壁と絡めて窓自体を交換

部屋が寒い原因は「窓」にあり!冬のあったか“窓”リフォームでおうち時間を何倍も快適にする方法 写真7

こちらの工法では、サッシ自体を外壁から取り外して窓を交換します。
外壁や防水層までも一部解体しなければならないため大掛かりな工事となります。
しかしながら、最新性能のサッシを入れることができ断熱性能も大きく上げることができます。

【メリット】
・窓の大きさを自由に設定できる
・断熱性能を大きく上げることができる
【デメリット】
・外壁や防水層も解体しなければならず付帯工事が多くなってしまう
・価格がどの工事よりも高くなってしまう
    DATA
  • 【断熱性能】★★★★★
  • 【工事費用】1か所 約15万円~30万円

まとめ。冬も夏も一年を通して温度ムラのないお部屋にすることが大事。寒いと感じたら窓リフォームを考えてみては

部屋が寒い原因は「窓」にあり!冬のあったか“窓”リフォームでおうち時間を何倍も快適にする方法 写真8

今回、「お家の断熱性能を高める窓リフォーム」について紹介させていただきました。
窓の断熱については、普段からはあまり意識しない部分になりがちですが、健康や暖房費など、気づけば生活に大きく影響を与える部分でもあります。
冬場にお部屋が寒いと感じたら、窓のリフォームを考えていただければと思います。

夢工房では、快適な生活のための窓回りの計画についてもしっかりとヒアリング・ご提案させていただきます。
そもそもご自宅にどのような窓が合うか分からないという方でもぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました!

【関連記事】

■ 床暖房リフォーム・リノベ!「温水式」と「電気式」どっちがお得?それぞれの費用と特徴まとめ
■ 断熱リフォームで住み心地の良い家づくり。工法・種類・性能を解説!
■ 健康・快適に暮らそう!“省エネ住宅”について

【 記事のキーワード 】
ユメノヒ編集部・WRITER

施工管理プロデューサー

早坂 祐希 YUKI HAYASAKA

山登り・ドライブ

他の記事も見てみる